au通信障害損害賠償個人の請求できる?金額はいくらかも調査!

2022年7月3日、auの通信障害が起き、運営会社のKDDIは記者会見を行いました。

会見の中で、高橋誠社長は「今回の障害を精査し、補償を検討する」と、補償を検討する方針を打ち立てました。

通信障害の件も「再発防止策を積み上げ、全力で復旧活動に取り組む」としました。

そこで気になるのが、通信障害の損害賠償金の金額ですよね。

個人での請求はできるのか、その場合、金額はいくらになるのかも気になるところです。

そこで、この記事では「au通信障害損害賠償個人の請求できる?金額はいくらかも調査!」と題して、まとめました。

 

au通信障害損害賠償の個人の請求できる?

au通信障害の損害賠償の個人の請求はできるのでしょうか。

また、できた場合の金額はどのくらいになるのでしょうか。

実際のところ、個人で請求はできても、金額は日割計算となり賠償金の金額は少ないとの推測があるようです。

月額料金が6000円かかっていたとしたら、賠償金は1日あたり200円前後です。

今回の通信障害は1日でしたので、今回の損害賠償は日割りで、200円という計算をされてしまう可能性が高いです。

また、相殺決算やポイントでの対応になる可能性もあると思います。

実際、KDDI側のミスが原因で発生した過払い金を返金して欲しいとお願いしたところ「ポイントでの返却、或いは毎月の金額から相殺します」といった返答をされた事例があるようなのです。

しかし、これらは最悪のケースで、まだ、このような対応になると決まったわけではありません。

KDDIの賠償に関する発表を待ちたいと思います。

 

 au通信障害損害賠償金額はいくら?


通信障害の損害賠償金額はいくらになるのでしょうか。

auの規約を見ると「24時間以上通信障害が続くのであれば損害賠償金が支払われる」と記されています。

今回の通信障害は、24時間以上続きましたので、この規約通りにいけば損害賠償金が発生するとみてほぼ間違いないと思います。

では、気になる賠償金額はいったいいくら貰えるのでしょうか。

2013年にも通信障害が起きましたが、その時は700円の返金がされました。

返金がされたのは、通信障害が起きてから13日後でした。

今回の通信障害はかなり長かったので、700円以上の金額になるかもしれません。

 

 まとめ


いかがでしたか。

今回は、「au通信障害損害賠償個人の請求できる?金額はいくらかも調査!」と題して記事をまとめてみました。

2022年7月3日、auの通信障害が起きたことについて、運営会社のKDDIが記者会見を行い、高橋誠社長が「今回の障害を精査し、補償を検討する」として補償を検討する方針を打ち出しました。

今回の通信障害の損害賠償金額は、はたしていくらになるのか気になります。

auの規約には「24時間以上通信障害が続くのであれば損害賠償金が支払われる」とされており、24時間以上障害が続いた場合、損害賠償金が発生するということになります。

2013年に起きた通信障害は、通信障害が起きてから13日後に700円の返金がされていて、今回の通信障害はその時のものより長かったことを考えれば700円以上の金額が期待できるかもしれません。

また、au通信障害の損害賠償に対して個人で請求はできるものの、賠償金は日割り計算となり金額は少なくなるとの推測もあるそうです。

月額料金が6000円の場合、今回の通信障害は1日でしたので、200円の損害賠償という日割計算をされる可能性が高そうです。

また、ポイントや相殺決算での対応になる可能性もあり、実際にKDDI側のミスによって発生した過払い金を返金してほしいとお願いすると「ポイントでの返却あるいは毎月の金額から相殺します」といった対応をとられた事例があるようです。

しかし、これらは最悪のケースで、このような対応になるとはまだ決まったわけではありません。

公式の発表を待ちましょう。