ブレイブボード死亡事故の小5男児は誰?照明器具が何かも調査!

2022年6月30日夕方ごろ滋賀県大津市の小5男子児童が、首から出血しながら帰宅し、病院に運ばれましたが死亡するという事故がりました。

男子児童は自宅近くの駐車場で「ブレイブボード」と呼ばれる、スケートボードに似た遊具で遊んでいる姿が近くの防犯カメラに映っていました。

その駐車場の照明器具が割れていて、血だまりも近くにあったそうです。

ブレイブボードで事故を起こした小5男児は誰なのでしょうか。

男児が首をけがした照明器具はどのようなものなのでしょうか。

今回は「ブレイブボード死亡事故の小5男児は誰?照明器具が何かも調査!」と題してまとめていきます。

 

ブレイブボード死亡事故の小5男児は誰?

事故にあった小5男子児童が誰なのかは公表されていません。

事故現場は滋賀県大津市穴太2とされています。

現場は住宅地の中の駐車場で、袋小路の奥にあるところで、男子児童の自宅から約50メートルのところにあるところです。

めったに車が来ることのない、子供たちにとって恰好の遊び場だったのでしょう。

そのような所で命が脅かされる事故が起こるなんて、と近隣の子供たちも驚いたことでしょうね。

 

ブレイブボード死亡事故の照明器具は何?

事故現場は駐車場とのことなので、照明器具と言えば、電柱の上についているような背の高いものが想像されます。

しかし今回の事故につながった照明器具は高さ65センチの支柱のような形をした、天辺に照明がついたもののようです。

車止めの後ろに設置されているもので、前に車が止まっていたら隠れて見えなくなる高さです。

乗りこなせるようになったブレイブボードで気持ちよく滑っていたのでしょう。

そして車の後ろにあった照明器具に気付かずぶつかったのか、車止めにブレイブボードが引っ掛かり転んだ先に照明器具があったのかは不明です。

日常の慣れたところにも危険は潜んでいます。

最低限のヘルメットや膝当て肘当ては装備して楽しむようにしましょう。

 

まとめ

今回は「ブレイブボード死亡事故の小5男児は誰?照明器具が何かも調査!」と題して、記事にまとめてきました。

2022年6月30日夕方、滋賀県大津市の小5男子児童が首から出血しながら帰宅し、病院に運ばれましたが死亡する事故がりました。

男子児童は自宅近くの駐車場で「ブレイブボード」と呼ばれる乗り物の遊具で遊んでいる姿が近くの防犯カメラに映っていました。

その駐車場の照明器具が割れていて、血だまりが近くにあったそうです。

死亡した男子児童が誰なのかは公表されていません。

事故現場は滋賀県大津市穴太2の住宅地になかにある駐車場で、男児の自宅から約50メートルのところだそうです。

男児がけがをした照明器具は高さ65センチの支柱型の照明で、車止めの後ろに設置されていました。

車が止まっていたら隠れてしまう高さです。

男児はそれに気づかずに接触してしまったのでしょうね。