秩父中津川坑道はどこ?心霊スポットで酸欠?

2022年7月17日、埼玉県秩父市中津川の坑道で、男性2人が倒れているのが見つかり、病院に搬送されたがいずれも死亡が確認されました。

秩父署によると、見つかった付近の酸素濃度はほぼゼロで、酸欠で窒息した可能性があるそうです。

2人は30~40代とみられ、SNSで知り合った男性ら計4人で坑道に入って行きました。

秩父中津川坑道はどこなのでしょうか。

心霊スポットで酸欠したのは本当なのかも気になりますね。

そこでこの記事では「秩父中津川坑道はどこ?心霊スポットで酸欠?」と題してまとめていきます。

 

秩父中津川坑道はどこ?

秩父中津川坑道はどこなのでしょうか。

調べてみましたが、秩父中津川坑道はどこなのか、具体的な場所は明らかになっていません。

しかし、報道では死亡したとみられる場所の映像が写し出されていましたので、手がかりとなるものは少なからずあります。

報道では分かりませんでしたが、ネット上ではニッチツではないかと噂されています。

ニッチンとは中津川上流にある鉱山で、1600年頃に開拓された場所です。

現在は「株式会社ニッチツ」が管理していることから「ニッチツ鉱山」とも呼ばれています。

ニッチツ鉱山では廃墟と化した場所があるため、廃墟マニアや心霊系YouTuberなどの間ではおすすめスポットとして注目されていました。

今後SNSや2ちゃんねるなどの掲示板でリークされるかもしれないので新しい情報が出たら掲載します。

 

秩父中津川坑道の心霊スポットで酸欠?

秩父中津川坑道の心霊スポットで酸欠したのは本当なのかも気になりますね。

調べてみたところ、秩父中津川坑道の心霊スポットで酸欠したのは、どうやら本当のようです。

酸欠してしまった理由を探してみましたが、事故の詳細に関してはまだ調査中とのことですので、もうしばらく待つことになりそうです。

また専門家やネット上の意見としては、長い間塞がれていたので酸素の補給がなされず、内部では岩石の酸化が進み酸素が失われていたのではないかと言われています。

坑道の入り口は鉄扉で厳重に塞がれていたので、立ち入り禁止エリアだった可能性は非常に高いですよね。

今後SNSや2ちゃんねるなどの掲示板でリークされるかもしれないので新しい情報が出たら掲載します。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「秩父中津川坑道はどこ?心霊スポットで酸欠?」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめると、秩父中津川坑道はどこなのか、現時点では判明していません。

また心霊スポットで酸欠した理由についても徹底調査してみたところ、岩石の酸化で酸素が失われていた可能性が高いということが分かりました。

SNSで知り合った4人組という時点で怪しい匂いがしますが、なぜ父中津川坑道に訪れたのでしょうか。

正直色々謎な部分が多すぎてツッコミどころがたくさんありますよね。

この件に関してはまだまだ気になる点が多いので、これからも引き続き注目していきたいと思います。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。