千早病院医師で刺されたのは誰?顔画像と名前特定は?

福岡市東区にある「千早病院」に勤務している医師が、59歳の男に刺されるという事件が発生しました。

2022年6月27日、犯行に及んだのは福岡市東区下原4に住む川原次郎容疑者(59)で、現行犯逮捕されました。

刺された医師は全治2週間で、命に別状はありません。

ネットでは、刺された医師は誰なのか、顔も気になるという声が多数見られます。

今回は「千早病院医師で刺されたのは誰?顔画像と名前特定は?」というタイトルでまとめていきます。

 

千早病院医師で刺されたのは誰?

まずは、千早病院で刺された被害医師は誰なのか調べてみました。

報道で明らかになっている情報によれば、通報によって駆け付けた消防隊員によると、医師は50代の男性だったと判明しています。

さらにネット上の情報では、千早病院には整形外科、外科、循環器内科、内科があるとわかりました。

 

千早病院医師で刺された人の顔画像と名前特定は?

ここから、被害医師の顔や名前について調べていきます。

千早病院で起きた事件に関して、SNSで興味深い情報を得ることができました。

 

医師に関する情報がTwitterに!

Twitterで、刺されてしまったのが、身内のかかりつけ医だという関係者の投稿を見つけました。

その投稿には名前も載っており、顔画像も既にネット上に掲載されています。

医師の名前は「大石先生」と掲載されていましたが、断定ではありません。

フルネームや顔画像について、プライバシー保護の観点から、掲載を控えさせていただきます。

どうしても知りたい方は、お問い合わせをいただきたいです。

結果的に、千早病院で刺された被害医師の名前や、顔画像については信憑性の高い情報を知ることができました。

 

まとめ

さて今回は「千早病院医師で刺されたのは誰?顔画像と名前特定は?」についてまとめてきました。

千早病院の医師が刺されたという事件ですが、被害医師は命に別状はなく、全治2週間のけがで済んだようで、なによりでした。

刺された被害医師の顔画像や名前を調べた結果、Twitterによって特定することができました。

しかしプライバシーもあるため、こちらで掲載するのは控えます。

病院名が明らかになっているため、今後は医師の名前や顔についても、公表される可能性はあると思います。

新情報が出ましたら、掲載していきたいと思います。