福岡パルコでnoe risaが取りやめ?無料案内炎上のデザイナーも調査!

6月11日から開催されていた福岡パルコでの「パルコ感覚」のイベントが2022年6月14日に、福岡パルコによる公式Twitterで謝罪があり、イベントの中止をしました。

今回のイベントは、九州全体で活動する作家の作品を展示する大きなもので、「感覚ギャラリーIN道の駅」とされていましたが、無料案内の場所が風俗無料案内所のようで、批判の声が集まり、炎上しました。

そのなかの作品としてnoe risaという作家は展示中に展示を取りやめました。

noe risaさんとしては、作家として思いを込めた作品だったにも関わらず、主催側のイメージと無料案内の不適切さが自分の作品の展示の取りやめを決めた様子です。

noe risaさんは今回は取りやめとしましたが、今後も作家として頑張っていくことを述べられています。

福岡パルコは子供も来る場所であるため、風俗的な無料案内は余りにも不適切できまわりないと、デザイナーにも批判の声があがっています。

女性の多い場所であるにも関わらず、デザイナーも今は謝罪していますが、どのような思いで制作されたのでしょうか。

今回の記事では「福岡パルコでnoe risaが取りやめ?無料案内炎上のデザイナーも調査!」として記事をまとめました。

 

福岡パルコでnoe risaが取りやめ?

福岡パルコのイベントが炎上の最中に「パルコ感覚」として作品を出展していた作家であるnoe risaさんは、展示を取りやめにしたのですが、一体どのような背景があったのでしょう。

noe risaさんの作品自体が女性の裸を描いた作品であり、まるで今回の無料案内所が性風俗的な案内所となっていたため、パルコ側との表現の感覚の大きな隔たりを感じたと言われていたそうです。

取りやめた理由は本人のインスタグラムに公開されていました。

作家として作品にきちんと向き合いたいと出展を取りやめにしたとのことです。

そういった意味では、noe risaさんは作家のして、無料案内の風俗的な意味とは無関係なので、今回の被害者ともいえますね。

 

福岡パルコの無料案内炎上のデザイナーは誰?

福岡パルコのイベントで無料案内所のデザインをしたデザイナーはどんな人物だったのでしょう。

現在は今回の件で炎上している中、デザイナーを調べましたが、福岡パルコの従業員だったことがわかっているだけで、詳しくは特定できませんでした。

ただ、不愉快な思いをさせたことには謝罪をしている様子ですが、ネット上では展示の日も出勤になっていることでまたまた炎上しています。

実際にファッションセンターとしての福岡パルコでもあるため、女性や子供が多い中、どのような気持ちで性風俗的な案内所をデザインしたのかが、理解できないところですね。

主催者側も謝罪をしていますが、世間との感覚が大きくズレていると思われます。

 

まとめ

2022年6月11日から行われ14日に中止した福岡パルコのイベントに関して、今回の記事では、「福岡パルコでnoe risaが取りやめ?無料案内炎上のデザイナーも調査!」としてまとめてみました。

福岡パルコで「パルコ感覚」として、九州の有名な作家による作品の展示の大きめのイベントがありましたが、その無料案内の場所が性風俗を思わせるようなデザインで、福岡パルコもデザイナーも6月14日に謝罪をして、イベントを中止しました。

その作家の中に、noe risaさんという作家の作品がありましたが、展示を取りやめにしたのはnoe risaさん自身です。

noe risaさんは女性の裸の作品を描いていますが、今回の無料案内とは全く別の相違で本人自身のインスタグラムにも、今回は取りやめにしたけれど、今後も作家として頑張っていくことを述べられています。

今回の騒ぎになるような無料案内のデザインをしたデザイナーは、福岡パルコの従業員だったことはわかっていますが、名前は特定できませんでした。

デザイナーとしての感覚も、すこし世間とのズレを感じ批判され、デザイナーからも謝罪は合った様子ですが、女性や子供達が集まる場所として、非常に残念なイベントだったと思いました。

新しい情報が入り次第、更新していきます。