福山市小学校不適切発言はどこ?暴言女性教諭の特定は?

広島県福山市の小学校で、女性教諭が児童に対して暴言を吐くことを繰り返し、学校が保護者に対して謝罪をしていたことを福山市教育委員会が明らかになりました。

女性教諭は2022年4月以降、受け持ちのクラスで特定の宿題を忘れるなどをした小学6年の男子児童に対して、暴言を吐いていたということです。

暴言を受けた男子児童は2学期以降登校できていません。

教育委員会が同校6年生を対象に行ったアンケートには、複数人の児童が教諭の暴言や児童の胸ぐらをつかむ行為を見たとの回答がありました。

女性教諭と校長は児童の保護者に対して、不適切な言動があったと認めて謝罪しました。

不適切な発言の中には「顔を見たくない」や「地球から消えて」といった暴言があったとのことです。

このように、男子児童に対して暴言を吐いた女性教諭がいる福山市の小学校はどこなのでしょうか。

また、女性教諭の名前や顔画像がどこかで特定されているのかについても調査していきます。

今回は「福山市小学校不適切発言はどこ?暴言女性教諭の特定は?」と題してまとめていきます。

 

福山市小学校教師暴言はどこ?

福山市には市立の小学校が84校、教育委員会に登録されています。

女性教諭が児童に暴言を吐いていたことが報道された小学校がどこであるのかは、公表されていません。

小学校には多くの児童が所属していますので、登校できていない児童を含め児童全員を保護するために公表していないと推測できます。

また、学校名が明らかになることによる二次被害を避けるためであるとも、捉えることができます。

 

福山市小学校暴言女性教諭の特定は?

小学6年生の男子児童に対して不適切な発言を行っていた、女性教諭の名前や顔画像は公表されていません。

女性教諭の情報は、福山市立の小学校に所属しているとのこと以外は明らかになっていませんので、特定は困難であると推測できます。

突発的な人事異動や処分などは現時点で発生していないことから、この女性教諭は現在も同じ小学校に所属しているのでしょう。

また、教育委員会は同小学校の6年生にアンケートを行いました。

その中には、女性教諭が男子児童の胸ぐらをつかんでドアに押し付けて、その際に「ドーン」という音が鳴ったというものもありました。

このことから、かなり大きな力で生徒を押さえつけたということが推測できます。

しかし、女性教諭は「6年生全員に取ったアンケートの結果が一部異なっている」と発言しているとの報道があります。

アンケートの結果と女性教諭の説明の食い違いが解消できるまでは、処分を下すことは厳しいと推測できます。

 

 まとめ

今回は「福山市小学校不適切発言はどこ?暴言女性教諭の特定は?」と題して記事にまとめてきました。

広島県福山市の小学校で2022年4月以降、女性教諭が担任している小学6年の児童に対して暴言を吐くことを繰り返していました。

このことは同市の教育委員会によって明らかになり、学校が保護者に対して謝罪をしていたことが分かりました。

女性教諭は2022年4月以降、担任をしていた小学6年の男子児童が宿題を忘れるなどをした際に暴言を吐いていたということです。

女性教諭が暴言を吐いた小学校がどこなのかは報道されていません。

福山市には市立小学校が84校あり、その中のどこかの学校であるのは間違いありませんが、情報が少ない故に特定には至りませんでした。

不適切な発言をした女性教諭の名前や顔画像についても、現時点では特定されておりません。

女性教諭は、教育委員会が6年生全員に行ったアンケートの結果を一部否認しているため、教諭の処遇にまで進展できないと推測できます。

今後教諭の処遇が決まり、名前などの新たな情報が公開されましたら、改めて掲載いたします。