北海道ゴーカート事故の瞬間映像は?責任は誰になるのかも調査!

2022年9月18日北海道南部の森町でゴーカートが暴走し、2歳の男の子が重体になる事故がありました。

事故はイベント会場内に設けられたゴーカートのコースで起こりました。

11歳の女の子が運転するゴーカートがコースを外れて見物客へ突っ込み、函館市の吉田成那ちゃん(2)が重体となり、4歳の男の子がけがをしました。

翌日の午前に成那ちゃんは搬送先の病院で死亡したことが報道により明らかになりました。

警察は女の子が運転していたゴーカートがカーブを曲がりきることができず、コースを外れたとみて調べています。

事故は見物人がいる前で起こりましたので、この時のことを撮影した人がいるかもしれません。

事故の瞬間の映像はあるのでしょうか。

またこの事故の責任は主催者もしくは女の子の保護者か、だれが負うことになるのでしょうか。

今回は「北海道ゴーカート事故の瞬間映像は?責任は誰になるのかも調査!」と題してまとめていきます。

 

北海道ゴーカート事故の瞬間映像は?

事故が起こったのは北海道茅部郡森町にある、グリーンピア大沼というホテルのです。

自動車販売店が子供を対象としたゴーカートの体験会が開かれていて、そのコースがホテルの駐車場に設置されていました。

3分間故ゴーカートを体験することができ、11歳の女の子も体験後ゴーカートをピットに誘導した際に、アクセルとブレーキを踏み間違えてコースを外れてしまいました。

ゴーカートはコースを外れて近くの見物客に突っ込み、1歳と2歳、4歳の子供がけがをしました。

女の子が乗っていたゴーカートは高速仕様で、事故の時は時速40キロほど出ていたのではないかとされています。

事故の瞬間の映像を捜索しましたが、見つけることはできませんでした。

報道では事件が起こった会場の画像が公開されています。

タイヤでコースを作っていますが、見物客との間にはブロックなどではなくカラーコーンで仕切りが作られているだけで、距離も近いことがわかります。

 

北海道ゴーカート事故の責任は誰になる?

今回の事故の責任が誰にあるのかは公表されていません。

事故が起こったイベントは地元のトヨタ自動車系ディーラーが主催となって行われました。

ゴーカートがコースを外れて飛び出した場所はカラーコーンで仕切られていましたが、これは飛び出しを防ぐ目的で設置されたものではなかったと警察は公表しています。

ネット上では今回の事故に関して、

・ゴーカートが時速40キロ出せること

・保護者と一緒に体験する「低速」ではなく、「高速」のゴーカートに乗っていたこと

・見物人がゴーカートの近くまで行ける会場設計だったこと

が問題として挙げられています。

会場ではほかにもゴーカートに乗れる体験会もありました。

こちらのゴーカートは最高時速が24キロとなっていたそうです。

この速度なら、ブレーキと間違えてコースを外れても、子供を避難させる時間は稼げそうですね。

警察は安全管理が適切だったかなどの、当時の状況を調べているそうです。

コースを設置したのが主催者なのか会場となったグリーンピア大沼なのかは現在のところ不明ですが、詳しい状況が判明すれば責任の所在も明らかになると思われます。

 

まとめ

今回は「北海道ゴーカート事故の瞬間映像は?責任は誰になるのかも調査!」と題して記事にまとめてきました。

北海道森町のホテル、グリーンピア大沼で開催されたイベントでゴーカートが暴走し、2歳の男の子が重傷を負い4歳の男の子が顔にけがをする事故がありました。

2歳の男の子は翌日午前に死亡しました。

事故の時は自動車販売店によるゴーカートの体験会が開催されていて、11歳の女の子が操作していました。

ゴーカートはピットレーンに誘導しようとしたときに時速40キロで走りだしコース外に飛び出しました。

事故の時の映像は探しましたが見つけることはできませんでした。

事故の責任は誰になるのかは、現在警察が状況を確認していますので不明です。