北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子は誰?実名特定や責任はどうなる?

2022年9月18日北海道南部の森町でゴーカートが暴走し、2歳の男の子が死亡する事故が起こりました。

事故はホテルグリーンピア大沼に作られたイベント会場で起きました。

ゴーカートは11歳の女の子が運転していて、3分間の体験を負えてピットレーンに戻るときにアクセルを踏んだまま直進してコースからそれて客席に突っ込みました。

この事故で3人の男児が切り傷などのけがをし、2歳の男の子が病院に搬送されましたが翌日午前に亡くなりました。

ゴーカートを運転していた11歳の女の子にけがはないそうです。

今回の事故の加害者となった女の子とは誰で実名は特定できるのでしょうか。

事故はアクセルとブレーキを間違えたことで起こったものとのことですが、女の子の責任はどうなるのでしょうか。

今回は「北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子は誰?実名特定や責任はどうなる?」と題してまとめていきます。

 

北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子は誰?

ゴーカートで事故を起こした11歳の女の子が誰なのかは公表されていません。

11歳の女の子が乗っていた機体はゴーカートと報道されていますが、実際には大人がレースで使うこともあるような「レーシングカー」であったという情報もあります。

今回のイベントでは、事故を起こした高速のゴーカートに乗るには、身長が140センチ以上であるという条件が付いていました。

11歳の平均身長は146センチとされていますので、女の子は基準をクリアしています。

しかし140センチ以上と言ってもまだ小柄な小学生です。

そのような体格の子供に原動機付自転車(いわゆる原付)よりもはやい速度が出るものに乗せたのに、安全対策がなされていなかったのですね。

突然時速40キロもの速度が出て女の子も恐怖を感じたことでしょう。

パニックになり手足が突っ張りアクセルとブレーキを同時に踏んでいても仕方がないことだと思われます。

なおアナウンサーにより、手足が突っ張りブレーキとアクセルが同時に踏まれた時のゴーカートの動きが実験されました。

するとゴーカートは止まることなく進み続けたとされています。

ゴーカートのこの仕組みが事故の最大の要因なのかもしれませんね。

 

北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子の実名特定は?

ゴーカートで事故を起こした11歳の女の子の実名は公表されていません。

11歳なので少年法で保護され、身元は明かされないことでしょう。

そして事故が起こった会場は、コース内にはフロックなどが積まれて安全対策がなされていたようですが、ピット付近と観客の間にはカラーコーンしか設置されていませんでした。

また子供が乗るのに時速40キロ以上出る設定にされていたことや、操作方法の説明のみの事前講習など、イベント主催者側の問題が数多くあると考えられます。

これらのことから女の子に責任が問われる可能性は少ないでしょう。

そのため女の子の実名が公表されることはないと思われます。

 

北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子の責任はどうなる?

今回の事故でゴーカートを運転していた女の子は11歳のため、原則成人のような刑罰を受けることはありません。

未成年は少年法が適用されます。

少年法は20歳に満たない年齢の人物に適用され、12~13歳の子供は責任能力がないと判断されます。

そして今回設置されたコースの安全管理なども含めて女の子が責任を負う可能性は低いと考えられます。

 

まとめ

今回は「北海道ゴーカート事故加害者11歳女の子は誰?実名特定や責任はどうなる?」と題して記事にまとめてきました。

2022年9月18日北海道南部の森町でゴーカートが暴走し、2歳の男の子が死亡する事故が起こりました。

ゴーカートは11歳の女の子が運転していて、3分間の体験を負えてピットレーンに戻るときにアクセルを踏んだまま直進してコースからそれて客席に突っ込みました。

事故を起こした女の子が誰なのかや実名の特定はできませんでした。

女の子はまだ11歳で、少年法にかかわることから情報は公表されないと考えられます。

また、女の子の責任はどうなるのかということですが、女の子が11歳であることや設置されたコースの安全管理の面から、女の子やその保護者が今回の事故の責任を負うことはないかと推測できます。