喜納尚吾の出身は沖縄石垣島?嫁や家族も調査!

2014年に新潟県新発田市に住んでいた女性を殺害した男の裁判員裁判が執り行われ、検察側は2022年11月7日に死刑を言い渡しました。

死刑判決を受けたのは、喜納尚吾容疑者(39)で新発田市の女性をわいせつ目的で連れ去り殺害したため、殺人や強制わいせつ致傷に問われています。

裁判では、「女性が死亡したことには関わっていない」と言っている喜納尚吾容疑者ですが、出身は沖縄県石垣島だという噂が流れています。

更には、嫁や家族についての情報を特定しようとしている方も多く、それだけ世間を賑わせている出来事だという事が分かりました。

そこで今回は。「喜納尚吾の出身は沖縄石垣島?嫁や家族も調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

喜納尚吾の出身は沖縄石垣島?

まずはじめに、喜納尚吾の出身は石垣島?と言う噂について詳しく調査していきます。

この喜納という苗字は(きな)と読むことが出来るのですが、全国的に見ていくと沖縄県に多い苗字になっています。

そこで喜納尚吾容疑者の出身地に関して調査をしていくと、学生時代の情報が載っていました。

その記事には、喜納尚吾容疑者の出身地は沖縄県石垣島だという事が載っており、中学校時代の同級生による情報も提供されていました。

同級生たちの証言によると、運動神経が良くて足も速かったという事やクラスでもおちゃらけた人気者だったとの事でした。

父親が野球チームのコーチをしていたため、中学時代は喜納尚吾容疑者も野球部に入り、高校でも野球をしていたそうです。

ですが、素行不良によって半年で自主退学し、その後は那覇市に引っ越したそうです。

喜納尚吾の転落人生とは?

高校を自主退学し、那覇市に越してきた喜納尚吾容疑者は20歳頃、居候先の住民のアパートに放火をし殺害しようとしたため、殺人未遂で服役します。

3年間の服役後には仙台へと移りましたが、その後各地でトラブルを起こしてしまい、追われるような形で新潟県新発田市に越してきたそうです。

犯歴をまとめていくと、以下の様になっています。 

・2009年 友人宅放火で懲役3年
・2012年 出所後宮城→新潟
・2013年  8月 30代女性を車で拉致し、強姦
10代女性を車で拉致し、強姦
9月 車を奪い女性を拉致して強姦→殺害後 車を放火
11月 新発田で20歳女性を車で拉致し、強姦 殺害後遺体を雑木林に遺棄
12月 女性を拉致しようとするも失敗

2014年  1月 女性を拉致して強姦  殺害後遺棄
5月 女性を監禁→逮捕
6月 裁判所から逃走を試みるもすぐに取り押さえられ逮捕

これだけ同じような手口で犯罪を繰り返していては、いまさら無罪を主張したことで誰も喜納尚吾容疑者の事を信じないでしょう。

学生時代は普通の人と何ら変わりない状態だったという喜納尚吾容疑者ですが、どうしてここまで変わってしまったのかはわかりません。

ですが、もしかしたら家庭環境や人間関係などで思いつめられていたことなどがあったのかもしれませんね。

とは言え、3人の死に関わり、残虐な犯行を行った喜納尚吾容疑者には、もう生きる資格はないでしょう。

喜納尚吾容疑者が出来ることとしては、自身の身を持って償う事のみですが、もし本当にやった事なのであれば、きちんと自白してほしいですね。

 

喜納尚吾の嫁や家族は?

次に、喜納尚吾容疑者の嫁や家族について詳しく調査をしていきます。

残忍な手口を使って女性を弄び、殺害してきた喜納尚吾容疑者ですが、なんと結婚をしていたようです。

これは喜納尚吾容疑者の弁護人として元嫁が弁護側の証人になった事で発覚しました。

子供の情報などは未だ出ておらず、証言台に立った際も二人で外出していたかもしれないという事を述べていたため、子供は居ないと思われます。

また、喜納尚吾容疑者の母親も裁判に対してコメントを残しており、「これ以上、被害者を出さないように終身刑か極刑を望む」との事でした。

実の息子に対してこのような事を伝える親の気持ちを考えると苦しいとは思いますが、それだけ喜納尚吾容疑者は許されない存在だという事でしょう。

まとめ

今回は、「喜納尚吾の出身は沖縄石垣島?嫁や家族も調査!」と題して記事をまとめていきました。

一度は終身刑になるものの、二度目の判決で死刑になる事が確定した喜納尚吾容疑者。

彼の犯した過ちは、何をしたとしても到底許されるものではなく、この世に存在してはいけない立場だという事です。

亡くなった方々や遺族の気持ちを考えると、これだけでは軽いくらいだという声も挙がっています。

この記事では、そんな死刑囚となった喜納尚吾容疑者について出身が沖縄石垣島と言う噂や嫁や家族についても調査していきました。

結果として、喜納尚吾容疑者は沖縄県石垣島の出身で間違い事が判明しました。

学生時代は野球をやっており、運動神経も良い子供だったようですが、高校を中退してからは荒れに荒れてしまったようです。

誰かに止められたとしても、自らの欲望を抑えることが出来ず、やって良いことと、いけない事の区別もついていない状態だったのだと思います。

元は結婚しており、嫁も居たとの事ですが主人が性犯罪ばかり冒している殺人鬼だと知った時はさぞ苦しかったことでしょう。

現在は既に離婚しているとの事ですが、このことは一生背負う事になってしまうかもしれませんね。

喜納尚吾容疑者を育てた母親に関しても、息子の過ちを死ぬまで償い続けなければいけない事でしょう。

自分の好きなように女性を弄び、いらなくなったら殺害するというこの残虐な事件の数々。

これまで起こった事や、過去の歴史の中でも、決して忘れてはいけない記憶として根強く残っていく事でしょう。