前橋市フォークリフト死亡事故の父親の名前は?会社がどこかも徹底調査!

2022年8月28日に群馬県前橋市で、小学3年生の女の子が父親と一緒にフォークリフトを使って遊んでいた際に、事件が起き話題になっています。

フォークリフトに差し込んでいたパレットが落ち、死亡したのは前橋市内の小学校に通う小学3年生の作山由奈さんだという事がわかっています。

そんな前橋市フォークリフト死亡事故の父親の名前について気になっている方が非常に多いようです。

前橋市フォークリフト死亡事故の父親の会社がどこなのかについても知りたいと思っているのではないでしょうか。

そこで今回は、作山由奈さんの亡くなった「前橋市フォークリフト死亡事故の父親の名前は?会社がどこかも徹底調査!」と題して記事をまとめます。

 

前橋市フォークリフト死亡事故の父親の名前は?

まずはじめに、前橋市フォークリフト死亡事故の父親の名前について調査をしていきます。

会社の社長でもある42歳の父親は、娘である由奈さんとフォークリフトを使って遊んでいたようです。

フォークリフトでパレットを3mの高さまで上昇させ、そのパレットにベルトを通して、娘にブランコ遊びをさせていました。

ちなみに、この事件で亡くなってしまった女の子が作山由奈さんだとわかっているため、父親も「作山」という苗字だとわかっています。

ですが、名前に関してはまだ報道されておらず、父親が会社をやっていることもあり、被害などを考えて公表しない可能性もあります。

 

前橋市フォークリフト死亡事故の父親の会社はどこ?

次に、前橋市フォークリフト死亡事故の父親の会社がどこなのかを調査していきます。

報道によると、今回のフォークリフト事故が起きた場所は、自宅 兼 会社だったことがわかっています。

この会社は、前橋市 堀越町で内装設備の事業を展開しているという情報も手に入れることができました。

実際に報道で判明した住所で「作山」という条件で検索をしたところ、同姓の人物が社長を務める会社がヒットしました。

そのヒットした会社は住宅のリフォームや建物の工事を請け負っていることから、「内装設備」という報道とも合っています。

会社のHPには社長の名前および顔写真も掲載されていますが、これまでの報道では、死亡した由奈さんの父親の素性は明らかにされていません。

そのため、この記事ではその会社について詳しい情報を載せることは控えさせていただきます。

 

まとめ

今回は、「前橋市フォークリフト死亡事故の父親の名前は?会社がどこかも徹底調査!」と題して記事をまとめていきました。

父親がフォークリフトを使ってブランコ遊びをさせていた際に、頭上めがけてパレットが落下し、亡くなってしまった作山由奈さん。

この記事ではそんな前橋市で起こってしまった、フォークリフト死亡事故について、まず父親の名前を調査していきました。

結果としては、作山という苗字だという事はわかりましたが、名前に関しては公表されておらず、わかりませんでした。

会社がどこなのかについても調査をしていきましたが、自宅兼会社だったため、報道では社名も伏せられています。

作山という苗字と、内装設備業者という点がヒットする会社は出てきましたが、確証がないため掲載は控えさせていただきました。

まだ小学3年生という若さで亡くなってしまった作山由奈さんは、大事な娘だったため、父親としては悔やんでも悔やみきれないでしょう。

フォークリフトという重機は本来遊びに使う物では無く、事業用のため、使い方を間違えるとこのような大惨事が起きてしまいます。

不慮の事故とはいえ、この様な事態になってしまったのは父親の責任のため、何らかの罪に問われてしまうかもしれません。

ご冥福を心よりお祈りいたします。