丸の内オアゾ転落事故身元特定は?なぜ親が不在だったのかも調査!

東京都千代田区丸の内の「丸の内オアゾ」で2022年6月18日、12歳の男児が転落事故で死亡したことで、話題になっています。

丸の内オアゾは東京都にある商業施設です。

警察は自殺ではないかと調査しています。

男児は転落事故後、意識不明の重体で6月19日に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察の調査では、商業施設に入る姿が男児1人防犯カメラに残っていました。

男児の身元特定にネット上でも騒がれており、当時、親は不在だったらしく、詳しく調べていきます。

今回の記事では「丸の内オアゾ転落事故身元特定は?なぜ親が不在だったのかも調査!」をまとめてみました。

 

丸の内オアゾ転落事故でなぜ親が不在だった?

今回、警察では自殺とされている12歳の男児の親ですが、時間は夜だったらしく、転落直前に男児の携帯に、通話履歴が残っている様子です。

男児は親と連絡をとっていたのでしょうか。

時間帯からしても、塾の帰りなどが推測されます。

男児は商業施設の6階の吹き抜け部分から柵を乗り越えたようで、周囲の大人が止めようとしていた姿も防犯カメラに残っていました。

この時間帯に親は不在だったのでしょうか。

しかし、塾へ通っていたかも明らかではなく男児が親とケンカをして家を飛び出したとも推測されます。

通話履歴も誰かとは特定できていませんので、あくまでも推測ですが、親が残業だったかもしれません。

新しい情報が入り次第、更新します。

 

丸の内オアゾ転落事故身元特定は?

残念な事件ですが、男児の身元特定はされているのでしょうか。

調べてみましたが、都外から来た男児だということしか今のところわかりません。

なぜ都内の商業施設を選んだのでしょう。

都内ではかなりの人が集まる場所で、目撃者からは「大柄な感じで中学生くらいだった」と証言があります。

転落直前に男児は自分のリュックを置いており、身元がわかるものは警察が確認していると思われます。

自殺として人の集まる場所を選んだのは、男児は何かを訴えたかったのでしょうか。

救急隊員も、男児の転落直後に「ご両親はいませんせんか」と呼び掛けていたらしく、親もまさか商業施設にいることは分からなかったのでしょう。

新しい報道があり次第、更新します。

 

まとめ

今回の記事では「丸の内オアゾ転落事故身元特定は?なぜ親が不在だったのかも調査!」としてまとめてみました。

東京都の丸の内の商業施設「丸の内オアゾ」で2022年6月18日の夜、転落事故があり、転落したのは12歳の男児で警察は自殺とみています。

転落事故直後、意識不明の重体のため病院へ搬送されましたが、6月19に死亡が確定しました。

男児の身元特定は報道されておらず、転落直前の通話履歴は残っていたそうですが、誰との通話かは分かっていません。

時間帯的には塾の帰りかと想定されますが、現場には親は不在だったったため、詳しい報道もされていません。

防犯カメラには、商業施設に入る姿や6階で大人がとめる姿も残っているようです。

身体は大柄で中学生くらいに見えると、目撃者は語っています。

現場には男児のリュックが置かれていたので、警察は身元は特定していると思われます。

ただ、親については不在だったのか残業だったのか、または、親とケンカをして家を飛び出したのか推測しかできませんが、商業施設にいることは知らなかった可能性は高いです。

新情報が入り次第更新します。