那覇市認可外保育園乳児の死因や原因は?場所はどこ?

沖縄県那覇市の認可外保育園に預けられていた生後3か月の男児が、2022年7月30日心肺停止の状態で見つかりその後死亡していたことが分かりました。

県警は男児の死亡原因や保育園の管理体制を詳しく調べています。

男児の両親は仕事時間が流動的で、子育ての調整ができないときに問題の保育園を利用していました。

当日の朝も元気な様子の男児を預け、昼過ぎ頃に仕事を終えた母親が迎えに行くと、白目をむいてぐったりした様子の男児をスタッフが抱いてきたといいます。

母親はその場で119番通報をし、消防の指示を受けながら救急車が到着するまで一人で心臓マッサージを続けましたが、約1時間後の搬送先の病院で死亡が確認されました。

母親が心臓マッサージをしている間、保育園のスタッフは母親をなだめる言動を繰り返し、事の重大性に気付いていない様子だったといいます。

生後3か月の乳児がなくなった死因や原因は何だったのでしょうか。

そしてこのような事件が起こった認可外保育園がある場所とはどこなのでしょうか。

今回は「那覇市認可外保育園乳児の死因や原因は?場所はどこ?」と題してまとめていきます。

 

那覇市認可外保育園乳児の死因や原因は?

現在のところ、男児が死亡した原因や死因は公表されていません。

生後3か月の乳児には乳幼児突然死症候群というものがあります。

これは赤ちゃんがお昼寝中に死亡してしまうという病気で、予兆などがなく起こるものです。

これは乳幼児期の死亡原因の第4位となっています。

他の要因としては、うつぶせ寝による窒息などの事故も可能性として挙げられます。

保育園には子供が安心してお昼寝ができるように午睡チェックというものがあります。

保育士は時間ごとに子供の呼吸状態や皮膚状態、寝ている体勢や汗と体温などの全身の状態をチャックし、用紙に記入していきます。

事件があった保育園に母親が迎えに行ったのは昼過ぎとのことなので、園はお昼寝の時間だったのでしょう。

迎えに行ってから男児を連れてくるまで15分ほどかかったと報道ではありますが、その時に園スタッフが男児の異変に気付き、取り繕うために何かをしていたのではないかと勘繰ってしまいます。

母親に男児を渡すときに、横向きで寝ていて冷えていると説明したり、母親が心臓マッサージをしているときも、まだ息をしている、大丈夫だと声をかけるなど、通常では考えられない行動をしていて、怪しく感じられます。

しかし、男児の死因や原因については公表されていないので、すべて憶測です。

 

那覇市認可外保育園乳児の場所はどこ?

事件があった無認可保育園の場所は現在のところ、公表されていません。

保育園側は「遺族のプライバシーもあるので、現時点で話せることは何もない」と、取材には答えていません。

那覇市には認可外保育園は49施設あります。

企業主体型や事業所内保育園を含めるとそれ以上となります。

事件があった無認可保育園は那覇市が前年の11月に、乳幼児の安全確保についての改善指導をしていたことも分かっています。

企業主体や事業所内保育園の場合は、周辺との関係もありますので、このような状態になることなく改善されることでしょう。

なので、49施設の中のどこかの施設だと思われます。

保育園は事件を受け、8月いっぱいは休園するとしています。

園の改善指導項目の中には、乳幼児突然死症候群の予防や必要な保育従事者数の確保などが含まれます。

那覇市はこれらの項目の改善を1ヶ月以内の求めていましたが、提出が翌年にずれ込み、市は改善状況を確認できていませんでした。

事件当時保育士を含む2人で男児らを対応していたとのことですが、子供の人数と職員の数の比は規定通りだったのかも疑問ですね。

 

まとめ

今回は「那覇市認可外保育園乳児の死因や原因は?場所はどこ?」と題して記事にまとめてきました。

沖縄県那覇市の認可外保育園に預けられていた生後3か月の男児が、2022年7月30日心肺停止の状態で見つかりその後死亡していたことが分かりました。

県警は男児の死亡原因や保育園の管理体制を詳しく調べています。

男児の死因や原因は現在のところ公表されていません。

問題となった認可外保育園の場所も不明です。

乳幼児が突然死亡する事案には乳幼児突然死症候群というものがあり、保育士には子供の安全なお昼寝を守る義務があります。

問題の保育園は那覇市の指導で乳幼児突然死症候群の予防が不足していたことが分かっています。

それが改善されず、今回の事件が起こったとしたらやりきれないことですね。