国立競技場乱入男は誰?名前と顔画像の特定は?

2022年7月20日、国立競技場で行われたサッカー国際親善試合で、ピッチに男が乱入する騒ぎがありました。

パリサンジェルマンと川崎フロンターレの試合終了後、白のランニングシャツにジーンズ姿の男性がピッチに乱入し、ピッチ上を横切るように走り回る暴挙。

結果的に陸上トラック上で多くの係員らに捕獲されました。

この騒動にネット上では「セキュリティが甘すぎる」「男は厳重に罰則を課すべき」と各方面に非難の声が上がっています。

世界の人が見ている国際試合で、迷惑行為は同じ日本人として恥ずかしいですね。

また選手たちに危険が及ぶ可能性もあるので、心配です。

ピッチに乱入した男は一体誰なのでしょうか。

名前や顔画像の特定はされているのでしょうか。

そこで「国立競技場乱入男は誰?名前と顔画像の特定は?」と題して、記事をまとめていきます。

 

国立競技場乱入男は誰?

国立競技場乱入男は一体誰なのでしょうか。

動画やニュースによると、男はパリサンジェルマン側の応援スタンドから現れたようです。

何者なのか調べてみましたが、わかりませんでした。

サポーターが興奮してピッチに乱入してしまったのかと思いましたが、SNS上では「本当のサッカーファンはこんなことしない」「サポーター全員がこういう目で見られるけど、サッカーが本当に好きならピッチの神聖さを知っている」といった声もあり、単に目立ちたかったのかもしれません。

 

国立競技場乱入男の名前と顔画像の特定は?

国立競技場乱入男の名前と顔画像はあるのでしょうか。

顔画像ですが、ツイッターやニュースで画像や動画がたくさん上がっています。

試合時の国立競技場は6万人を越える観客がおり、試合終了直後だったため、多くの人の目に触れていたということです。

また名前に関してですが、乱入男が着ていた白のタンクトップの背中に名前が書いてありました。

ネット上では「名前と顔を覚えた」「名前と顔が分かっているなら2度とサッカー観戦できないようにするべき」との声があります。

しかし、この背中に書かれた名前が乱入男本人の名前ではない可能性もあるため、特定には至りませんでした。

なんにせよ、乱入等の迷惑行為をした場合の罰則はないのでしょうかと考えてしまいますね。

 

まとめ

2022年7月20日、国立競技場で行われたサッカー国際親善試合で、ピッチに男が乱入する騒ぎがありました。

ネット上では「セキュリティが甘すぎる」「男は厳重に罰則を課すべき」と各方面に非難の声が上がっています。

ピッチに乱入した男は一体誰なのでしょうか。

調べてみましたが、誰なのかは分かりませんでした。

また、顔画像の特定はありましたが、名前の特定はできませんでした。

しかし、乱入男の服に書いてあったことから本人ではないかという名前が出回っております。

パリサンジェルマンとの国際試合はあと2試合、同じ騒動が起きないよう試合が終わることを願っています。