鬼塚友章の結婚や家族構成は?子供妻がいるかも解説!

安倍晋三元首相銃撃事件について、7月9日に記者会見の場に立った奈良県警の鬼塚友章本部長。

2022年8月25日、懲戒処分を受け、辞職の意向を示していることが明らかになりました。

安倍元首相が奈良県の駅前で演説することが決まったのは、演説の前の日のことです。

急な決定だったとは言え、鬼塚本部長は警護警備体制に問題があったと認めていました。

聴衆が大勢いる中、背後から堂々と安倍元首相に近づき、犯行に及んだ山上徹也容疑者。

このとき至近距離から発砲されたことで、警備体制にたくさんの批判の声が集まったのは、記憶に新しいですよね。

今回、注目を集めた鬼塚本部長とは、どんな人なのでしょうか?

ご結婚はされているのでしょうか?

また、家族構成や子供、妻についても調べてみました。

というわけで今回は「鬼塚友章の結婚や家族構成は?子供妻がいるかも解説!」というタイトルでお送りしたいと思います。

 

鬼塚友章の結婚や家族構成は?

鬼塚友章本部長は、結婚されているのでしょうか?

また、家族構成はどうなっているのでしょうか?

鬼塚本部長の経歴についてはオープンにされていますが、結婚や家族構成などについては公表されていませんでした。

警察官ですし、プライベートな情報までは公表されないものと思われます。

 

鬼塚友章の子供や妻は?

では、鬼塚本部長に妻や子供はいるのでしょうか。

ニュースで報じられている内容や、Twitterなどを見ましたが、詳しい情報はありませんでした。

鬼塚本部長の会見での映像や写真を見ると、結婚指輪はしていないように見えます。

ただ、仕事中は外しているという方は大勢いますので、指輪の有無だけで結婚しているかどうかは判断できませんね。

鬼塚本部長は現在50歳ということですよね、結婚していたり、子供がいたりしても不思議ではありません。

今後詳細が報じられたり、ネットで情報が出てくることもあるかもしれないので、新しいことが分かり次第、追記していきたいと思います。

>>鬼塚氏の経歴についてはこちらもご確認ください。

 

まとめ

鬼塚本部長に関する情報は以上になります。

奈良県警の鬼塚友章本部長は、安倍晋三元首相銃撃事件の記者会見で、警備体制に不備があったと説明していました。

そして2022年8月25日、懲戒処分を受け、辞職の意向を示していることがわかりました。

7月の会見では、批判の声は上がっていたものの、自身の進退については明言を避けていました。

意外な形で世間に知られることになってしまった鬼塚本部長ですが、やはり結婚や家族構成といったプライベートな部分にも注目が集まったようです。

しかし、警察官ということで、結婚や家族、子供、妻といった情報は出てきませんでした。

年齢的には結婚していても不思議ではありませんが、やはりプライベートなことですので情報はありません。

本来なら警護のプロとして守れるかもしれなかった命、防げたかもしれない事件だったので、今回の事件は世間のみならず、警察関係者にも大きな衝撃だったのではないでしょうか。

以上、「鬼塚友章の結婚や家族構成は?子供妻がいるかも解説!」でした。