長万部町の水柱の場所はどこ?地図やアクセス方法も調査!

2022年8月8日より、北海道長万部で謎の水柱が噴き出し話題となっており、深刻な問題となっています。

水柱の高さは30から40メートルに達し、その凄まじい轟音が24時間鳴り響き、近隣住民は騒音被害に悩まされています。

町役場は災害級の緊急対策に乗り出しています。

町役場は水柱の原因究明のため、現場から水を採取し、検査機関で水質の解析を進めています。

また、水とともに天然ガスが噴き出している恐れもあるため、火気厳禁の看板を設置し注意を呼び掛けています。

長万部の水柱の場所はどこにあるのでしょうか。

長万部町の地図やアクセス方法も気になりますね。

そこで「長万部町の水柱の場所はどこ?地図やアクセス方法も調査!」と題して、記事をまとめていきます。

 

長万部町の水柱の場所はどこ?

長万部の水柱が噴き出している場所はどこなのでしょうか。

かなりの高さと音の大きさなので遠くからでも分かりそうですね。

調べてみましたが、長万部にある神社の敷地内に噴き出したそうです。

神社は飯生(いいなり)神社という名前です。

水柱は飯生神社の敷地内の森林から発生しているようで、宮司の小野さんは「たぶん温泉だと思う、硫黄の匂いがする」と話しています。

森林の中から水柱が噴き出しているので、とても神秘的に感じますね。

とはいえ、近隣住民の方はその騒音に悩まされているようなので、早く対処しなければなりません。

 

長万部町の地図やアクセス方法は?

長万部町の地図やアクセス方法を調べてみました。

長万部町は北海道の西南部、北海道のちょうど”くびれ”の部分に位置しています。

主要都市で言うと、ざっくり札幌と函館の間にあるという感じでしょうか。

長万部町まで東京から行こうと思うと、おおよそ5時間ほどかかります。

飛行機で新千歳空港まで行き、そこから電車で2時間ほど乗ると到着します。

水柱までは長万部駅から徒歩20分ほど、車では約7分で到着します。

しかし、水柱近くには駐車できる場所がないので、別の駐車場で停めて少し歩くか、初めから徒歩の方が良いのかもしれません。

水柱を見ようとする迷惑駐車も多いそうですので、迷惑行為には気をつけましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「長万部町の水柱の場所はどこ?地図やアクセス方法も調査!」と題して、記事をまとめてみました。

2022年8月8日より、北海道長万部で謎の水柱が噴き出し話題となっており、深刻な問題となっています。

水柱の高さは30から40メートルに達し、その凄まじい轟音が24時間鳴り響き、近隣住民は騒音被害に悩まされています。

水柱の場所は、長万部町の飯生神社の敷地内の森林にあるそうです。

また、長万部町の場所は北海道の”くびれ”の部分にあり、東京からは大体5時間ほどかかるようです。

アクセス方法を調べましたが、長万部町までは飛行機で新千歳空港まで行き、そこから電車で約2時間で到着します。

水柱がある飯生神社までは長万部駅から徒歩で20分、車では7分で到着します。

水柱近くには駐車できる場所がないので、別の駐車場で停めて少し歩くか、初めから徒歩の方が良いのかもしれません。