下関市事務所倒壊場所はどこ?現場の会社は辻豊倉庫で特定?

2022年9月7日午後1時15分頃、山口県下関市一の宮卸本町の建物が倒壊したと消防に通報がありました。

倒壊したのは雑貨卸売業「辻豊」の倉庫です。

会社によると、建物は鉄骨造りで1970年に建設された倉庫です。

今回は世間からの関心度や注目度の高いこのニュースにスポットを当てていこうと思います。

下関市事務所倒壊場所はどこなのでしょうか。

現場の会社は辻豊倉庫で特定されているのかも気になりますね。

そこでこの記事では「下関市事務所倒壊場所はどこ?現場の会社は辻豊倉庫で特定?」と題してまとめていきます。

 

下関市事務所倒壊場所はどこ?

下関市事務所倒壊場所はどこなのでしょうか。

調べてみたところ、下関市事務所倒壊場所はどこなのか判明していました。

倒壊場所は下関市一の宮卸本町の雑貨卸売業「辻豊」の倉庫です。

報道でも名前は公表されていましたので、場所はここで間違いありません。

現場はJR新下関駅から南に2キロほど離れたエリアで、中心街からも比較的近い場所であることが分かります。

一般人に被害がなかったことはよかったですが、社員に数名死傷者が出ていることは残念でなりません。

事故原因などは現在調査中ということもあり、一刻も早く事故の全貌が明らかになってほしいところです。

 

下関市事務所現場の会社は辻豊倉庫で特定?

下関市事務所現場の会社は辻豊倉庫で特定されているのかも気になりますね。

調べてみたところ、下関市事務所現場の会社は辻豊倉庫で特定されているようです。

現場画像が報道で公表されていましたが、車が倒壊物の下敷きになっており、激しく損傷しているのが伺えました。

社員が休憩していた車の真上に建物があったこともあり、気づいても逃げることが難しい状況です。

一体なぜ建物がいきなり倒壊してしまったのでしょうか。

ちょっと報道やネット記事だけは不明な点が多いですよね。

このニュースは全国的に大きく報道されていますので、近日中には何かしらの新しい情報が明らかになるかもしれませんね。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「下関市事務所倒壊場所はどこ?現場の会社は辻豊倉庫で特定?」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめると、下関市事務所倒壊場所はどこなのか判明していました。

また現場の会社は辻豊倉庫で特定されているのかについても徹底調査してみたところ、どうやら現場の会社は辻豊倉庫で間違いないようです。

それにしても社員が休憩していた車に倒壊物が直撃するなんて不運すぎますし、現場画像もかなり衝撃的でした。

この件に関してはまだまだ気になる点が多いので、これからも引き続き注目していきたいと思います。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。