滝川第二高校野球部監督の名前は西詰?顔画像も徹底調査!

昨年3月から兵庫県の滝川第二高校野球部の監督を務める52歳の男性が、部員に対して暴言を吐いていたことがわかりました。

高校が発表したことによりますと、野球部の監督は4月~5月にかけ新型コロナに感染した部員に対して「(部員の名前)菌」と呼んだり、野球部員に「殺すぞ」などといった暴言を吐いたりしていたということです。

他にも顧問教員複数から、生徒の前で叱責されるなどの精神的苦痛を受けたという申告もあったそうです。

監督は学校からの聞き取りには一部を否定しましたが、調査の結果暴言やハラスメントを学校は認定し、兵庫県の高校野球連合に報告しました。

監督は部員らに謝罪したそうですが、今後の処分次第では監督の交代も検討するとしています。

滝川第二高校を検索するとサジェストワードに「西詰」の名前が出てきますが、監督の名前なのでしょうか。

そして問題を起こした野球部監督の顔画像はあるのでしょうか。

今回は「滝川第二高校野球部監督の名前は西詰?顔画像も徹底調査!」と題してまとめていきます。

 

 

滝川第二高校野球部監督の名前は西詰?

神戸新聞は昨年3月21日に、滝川第二高校の新監督に西詰嘉明という元セガサミー監督が就任したと、Twitterに投稿しています。

そして滝川第二高校野球部のホームページを確認すると、監督として西詰氏を紹介しています。

歴代の監督も掲載されていますが、西詰氏が最後尾に記載されていますので、現在の監督は西詰氏なのでしょう。

西詰氏は滝川第二高校の出身で、当時甲子園に初出場した時のエースだったといいます。

滝川第二高校卒業後は同志社大学に進学し、明治神宮野球大会に出場し、優勝を果たしました。

大学卒業後は東芝の野球部で選手として6年活動し、引退後は同じチームの監督を務めます。

その後セガサミー野球部に移籍し手コーチを経験後、監督に就任しています。

2021年3月からは母校である滝川第二高校の野球部監督に就任し、翌年春ごろに部員や顧問教員に暴言やパワハラを行い問題となっています。

 

滝川第二高校野球部監督の顔画像は?

滝川第二高校監督の西詰嘉明氏の顔画像はツイッターなどで確認することができます。

報道では監督の名前は公表されていませんが、滝川第二高校野球部のホームページやWikipediaなどで、監督が西詰氏であることを確認することができます。

西詰氏は2013年にセガサミーの監督を退任後、野球の解説者として活躍していました。

その後東芝で同期であった選手と関東44年会を発足します。

選手や監督として華やかな経歴を持っている西詰氏ですが、今回の問題で監督退任の可能性も浮上しており、今後の動向に注目です。

 

まとめ

今回は「滝川第二高校野球部監督の名前は西詰?顔画像も徹底調査!」と題して、記事にまとめてきました。

兵庫県の滝川第二高校野球部の監督を務める52歳の男性が、部員に対して暴言を吐いていたことがわかりました。

他にも顧問教員複数から、生徒の前で叱責されるなどの精神的苦痛を受けたという申告もあったそうです。

監督は学校からの聞き取りには一部を否定しましたが、調査の結果暴言やハラスメントを学校は認定し、兵庫県の高校野球連合に報告しました。

報道では監督の名前は公表されていませんが、滝川第二高校野球部のホームページなどから、西詰嘉明氏であることがわかりました。

西詰氏は昨年3月から同高校野球部の監督を務めており、神戸新聞運動部のツイッターにて顔画像付きで紹介されています。