勅使河原秀行の経歴学歴や結婚相手の妻は?wikiプロフを解説!

9月22日日本テレビ系列昼の情報番組で、都内で行われた世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の緊急会見が生中継されました。

会見では教会改革推進本部の部長と弁護士が出席し、番組はその発言に対しワイプ出演したジャーナリストが「意義あり!」というフリップを掲げるといったシステムを使い、話題となりました。

会見に出席した教会改革推進本部の部長は、1992年の合同結婚式に参加し話題となった勅使河原秀行さんです。

勅使河原さんは合同結婚式に山崎浩子さんと参加しましたが、山崎さんが協会を脱退したため破局しました。

その後教会幹部の娘と結婚しています。

当時から教会関係で世間を騒がせている勅使河原さんの経歴や学歴はどのようなもので、wikiプロフはあるのでしょうか。

また山崎さんと破局後に結婚した教会幹部の娘とは誰なのでしょうか。

今回は「勅使河原秀行の経歴学歴や結婚相手の妻は?wikiプロフを解説!」と題してまとめていきます。

 

勅使河原秀行の経歴学歴!

勅使河原さんの出身大学は京都大学とされています。

京都大学在学中に、非営利団体「原理研究会(CARP)」という統一原理を研究する団体を通じて旧統一教会に入信しました。

京都大学卒業後は大手証券会社である大和証券本社に入社したそうです。

そこでエリートされリーマンとして勤務していました。

現役で大和証券に勤めていた28歳の時に、合同結婚式での山崎さんとの関係がメディアで報じられました。

そして山崎さんが統一教会を脱退する時に、勅使河原さんは大和証券を退職します。

大和証券退職後、旧統一教会がニューヨークに開校した関連校に留学しました。

その後は旧統一教会傘下の企業に就職し、国内外で活動しています。

現在は統一教会の教会改革推進本部長に昇進しました。

 

勅使河原秀行の結婚相手の妻!

勅使河原さんは28歳の時に元体操選手の山崎浩子さんと教会の合同結婚式に参加しました。

しかし山崎さんは旧統一教会の洗脳から脱却し、統一教会を脱退しました。

山崎さんが脱退する時に勅使河原さんとは破局を迎えています。

勅使河原さんは山崎さんと参加した合同結婚式の3年後に再び合同結婚式に参加し、教会幹部の娘と結婚しました。

この娘の名前が住谷文子さんです。

住谷さんは劇団「世界家族芸術団」で女優として活躍していました。

勅使河原さんと住谷さんの間には4人の子供が誕生しています。

 

勅使河原秀行のwikiプロフ!

勅使河原さんのプロフィールはあまり公開されていません。

・生年月日:1963年

・出身地:愛知県

・出身大学:京都大学

・年齢:58歳

話し方から勅使河原さんは韓国出身ではないかという声もありますが、事実のほどは不明です。

勅使河原さんは京都大学在学中に旧統一教会に入信しました。

大学卒業後は大和証券に就職し、エリートサラリーマンとして勤務します。

28歳の時に山崎さんと旧統一教会の合同結婚式に参加しました。

しかし山崎さんと破局し、それがメディアで大々的に取り上げられたことで、大和証券を退職します。

山崎さんと破局した後も勅使河原さんは旧統一教会の活動を熱心に行っていました。

そのため順調に出世していき、人事部長や総合企画局副長を経て、教会改革推進本部長という役職についています。

 

まとめ

今回は「勅使河原秀行の経歴学歴や結婚相手の妻は?wikiプロフを解説!」と題して記事にまとめてきました。

9月22日日本テレビ系列昼の情報番組で、都内で行われた世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の緊急会見が生中継されました。

会見に出席した教会改革推進本部の部長は、1992年の合同結婚式に参加し話題となった勅使河原秀行さんです。

勅使河原さんの学歴は京都大学出身と分かっています。

経歴については一般の方のためか詳しくは公表されおらず、wikiプロフもありませんでした。

勅使河原さんは京都大学在学中に旧統一教会に入信しています。

大学卒業後は大和証券に就職し、その時に山崎さんとの合同結婚式に参加しましたが、その後破局しています。

現在の結婚相手の妻は、劇団女優をしていた教会幹部の娘の住谷文子さんで、子供も4人いるそうです。