山口コンテナ船転覆の会社はどこ?船名はまやで保有企業は?

2022年7月31日、山口県の徳山下松港でコンテナ船が荷崩れを起こし転覆する事故がありました。

乗組員は6人で、命に別条はないということですが、大量のコンテナが海に落ちています。

徳山海上保安部によりますと31日正午すぎ、「岸壁のコンテナ船が傾いて沈みかけている」と118番通報がありました。

コンテナ船は、全長およそ80メートル、総トン数749トンで、積み荷のコンテナ100個の大半が海に落ち、そのうち10個程度が漂流、海上保安部の巡視船艇が警戒にあたっています。

また、燃料油が少量、流出しているということです。

なぜコンテナ船が転覆したのか徳山海上保安部が詳しく調べています。

転覆したコンテナ船の会社はどこなのでしょうか。

また、船名は「まや」らしいですが、保有企業はどこなのでしょうか。

そこで「山口コンテナ船転覆の会社はどこ?船名はまやで保有企業は?」と題して、記事をまとめていきます。

 

山口コンテナ船転覆の会社はどこ?

山口県で転覆したコンテナ船の会社はどこなのでしょうか。

調べたところ、SNS上でコンテナ船の会社名と思わしき名前を投稿しているものがありました。

その会社を調べた所、海運業をしているようです。

また、今回転覆したコンテナ船と同じ船を所有していることが確認できたため、この会社である可能性は非常に高いと思われます。

こちらで名前は伏せさせていただきますが、コンテナ船まやの会社を調べると分かります。

また、一部ニュースサイトでも会社名を挙げているところがあるようですね。

 

山口コンテナ船転覆の船名はまやで保有企業は?

転覆したコンテナ船の船名は「まや」で、保有企業はどこなのでしょうか。

船名に関しては、ニュースでも大きく取り上げられているため、「まや」で間違いないかと思われます。

保有企業に関して調べましたが、分かりませんでした。

しかし、ニュースによるとコンテナの中身は車両部品が入っていたらしく、また燃料油が海へ流出しているそうです。

神戸へ戻る予定だったとも報道されているので、山口で車両部品を受け取って神戸へ運ぶ予定だったのでしょうか。

中身や運ぶ場所から企業は絞れそうですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「山口コンテナ船転覆の会社はどこ?船名はまやで保有企業は?」と題して、記事をまとめてみました。

2022年7月31日、山口県の徳山下松港でコンテナ船が荷崩れを起こし転覆する事故がありました。

乗組員は6人で、命に別条はないということですが、大量のコンテナが海に落ちています。

転覆したコンテナ船の会社はどこなのか調べてみると一部ニュースサイトでも確認ができますので、こちらで名前は伏せさせていただきます。

また、船名は「まや」らしいですが、保有企業はどこなのでしょうか。

船名に関しては、ニュースでも大きく取り上げられているため、「まや」で間違いないかと思われます。

保有企業に関して調べましたが、分かりませんでした。