山手線駅員暴言は誰か特定は?恫喝と激怒の動画が炎上!

JR山手線の駅構内で線路内に現金4万円が入った財布を落とし非常停止ボタンを押した乗客と駅員が口論する動画が5日にSNS上で拡散、物議を呼んでいます。

動画には「なんで取ってくれないですか」「お願いしてるじゃないですか」という乗客に対し、「何なんだその態度は!」「お願いしてる態度か! 山手線停めてんだぞ!」と激昂する駅員の姿が収められています。

また、この動画は駅員が「警察行くから今日帰れねえからな。事情聴取長えからな」と話すところで途切れています。

この動画に、SNS上では、「駅員の高圧的な態度があり得ない」という意見や「財布落としたくらいで山手線を停められたらキレる気持ちもわかる」という意見などが行き交い、炎上しています。

この乗客に対し暴言を吐いた山手線駅員は誰なのか特定はされているのでしょうか。

山手線駅員の恫喝と激怒の動画はどのような内容なのでしょうか。

そこで「山手線駅員暴言は誰か特定は?恫喝と激怒の動画が炎上!」と題して記事をまとめていきます。

 

山手線駅員暴言は誰か特定は?

乗客に対し暴言を吐いた山手線駅員は誰なのでしょうか。

ニュースによると、騒動が起きたのは山手線の渋谷駅構内だといいます。

また、動画では顔は写っていないようですが、駅員の男性2名の胸の辺りが主に写っているようです。

声も入っているので、この駅員を知ってる人にはすぐに判別できそうですが、どうでしょうか。

以上の情報を含め、駅員が誰なのか調べましたが、分かりませんでした。

しかし、前述したように、山手線渋谷駅の駅員で声とおおよその体型が動画内に写っているので、分かる人には分かるかと思います。

 

山手線駅員の恫喝と激怒の動画が炎上!

山手線駅員の恫喝と激怒の動画の詳細を調べました。

元の動画はTikTok(ティックトック)に上げられていたらしく、動画を投稿したのは撮影者本人です。

現在、元の動画は削除されていましたが、TikTok上の他の投稿者やツイッターでも拡散され様々なSNSを利用する人の目にも止まりました。

当時の状況を調べると、一部始終を見ていたという人がいました。

その人によると、若い男性が財布を線路に落としてしまい、線路に降りて財布を取ろうとしたところを駅員に注意されたそうです。

何度注意してもやめず、更には非常停止ボタンを押したために駅員が激昂、今回の炎上騒動になったといいます。

山手線の運転間隔は非常に短く、2~3分の間隔で電車が来るため、この証言が本当なら動画を撮影した男性の行動は非常に危険であったといえます。

また、非常停止ボタンは「急いで列車を停止させる必要があるとき」に押すべきと国土交通省作成の「鉄道の安全利用に関する手引き」に記載があります。

例として「人が線路に転落したのを見たとき」が挙げられており、これは決して利己的に使うべきではなく、あくまで客観的に判断されるべきであると感じます。

とはいえ、一部始終を見ていたという証言が事実かもわからないため、動画の内容だけではどちらに非があるかは判断がつかないような気もします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「山手線駅員暴言は誰か特定は?恫喝と激怒の動画が炎上!」と題して、記事をまとめてみました。

JR山手線の駅構内で線路内に現金4万円が入った財布を落とし非常停止ボタンを押した乗客と駅員が口論する動画が5日にSNS上で拡散、物議を呼んでいます。

この動画に、SNS上では、駅員や動画撮影者に対しての意見などが行き交い、炎上しています。

この乗客に対し暴言を吐いた山手線駅員は誰なのか特定はされているのでしょうか。

動画の内容を見ると、渋谷駅に務めており、声と体型の情報は得られましたが駅員が誰なのか特定はできませんでした。

山手線駅員の恫喝と激怒の動画の詳細を調べましたが、動画の内容のみではどちらに非があるのかは判断しづらいように思えます。

現在、SNSで賛否が分かれているのですが、駅員を擁護する意見が多いようでした。

色々と調べてみましたが、動画を撮影する前の行動次第では駅員があれほど怒るのも無理はないと思います。