山崎康晃の母親ベリアの病気病名は何?死因はなぜかも検証!

このたび、DeNAの山崎康晃投手が、通算200セーブという偉業を成し遂げました。

史上8人目となる記録で、山崎選手は今回、プロ野球最年少でこの記録を出しました。

この偉業を達成する心の支えとなったのが、山崎選手の母親・ベリアさんです。

ベリアさんは、昨年10月に亡くなりました。

享年51歳という若さでした。

ベリアさんは、名前から分かる通り、出身は海外のフィリピンです。

ベリアさんは母ひとりで子育てをしたそうです。

51歳という年齢を考えると、なぜ亡くなられたのかが気になりますよね。

病気病名は判明しているのか?

死因は何で、なぜ死去したのか、気になる方も多くいるのではないでしょうか。

というわけで今回は「山崎康晃の母親ベリアの病気病名は何?死因はなぜかも検証!」というテーマでお送りしたいと思います。

 

山崎康晃の母親ベリアの病気病名は何?

51歳で亡くなられた、山崎選手の母べリアさん。

病気病名などを調べてみましたが、情報は公表されていませんでした。

事故や事件といった報道も、もちろんされていません。

球団がベリアさんの死去を公表する前、山崎選手の調子は思わしくありませんでした。

もしかすると、ベリアさんの体調が悪かったのかもしれません。

もしくは、ベリアさんになんらかの不調があったのかと考えられます。

まだ51歳、山崎選手も若いので、早すぎる親子の別れは大変つらかったものと思われます。

 

山崎康晃の母親ベリアの死因はなぜ?


山崎選手の母ベリアさんの死因は何だったのでしょうか?

なぜ死去に至ったのでしょうか?

調べてみましたが、これも公表されていませんでした。

球団側は、遺族の意向で公表は差し控えるとしています。

事件事故の報道はありませんでしたので、やはり何か病気が原因だったと思われます。

ベリアさんが来日したのは、彼女が19歳の頃です。

若くして日本語を学ぶために、異国の地へやってきたベリアさん。

ベリアさんはその次の年に、日本人男性と結婚します。

山崎選手が生まれたのは1992年の10月。

ベリアさんにとっては第2子となる子供でした。

ところが山崎選手が小学校3年生の頃、両親は離婚してしまいます。

ベリアさんは自身のふるさと・フィリピンに帰国しようかとも思ったそうですが、山崎選手に野球を続けさせるため、日本に残ることにしたそうです。

 

まとめ


プロ野球史上最年少で通算200セーブという記録。

それを樹立した山崎康晃選手は、小学3年生の頃に、両親の離婚を経験しています。

女手一つで山崎選手を育ててくれた、母親のベリアさんは昨年10月に亡くなりました。

両親の離婚以来、ベリアさんは異国の地・日本で、山崎選手、山崎選手のお姉さんを育ててきました。

そんなベリアさんの病気病名ですが、遺族の意向により、非公表となっています。

また死因は何か、なぜ死去するに至ったのか、詳しいことも公表されていませんでした。

まだまだ若い山崎選手のことを、きっと天国から見守ってくれていることでしょう。

以上、「山崎康晃の母親ベリアの病気病名は何?死因はなぜかも検証!」でした。