Zenlyサービス終了はいつから?いつまで使えるのかを調査!

位置情報共有アプリのZenly(ゼンリー)が事業終了を公表しました。

運営元の、アメリカにあるスナップ社が約20%の人員削減に伴い、事業の終了を決定したためです。

ゼンリーはGPSを使い、自分や相手の居場所を共有できるアプリで、日本でも10代を中心に待ち合わせなどに利用するなどの人気があり、子供がどこに外出したのかを家族が把握するなどの目的で使われてきました。

しかし、システムを悪用されるとトラブルに巻き込まれる危険性も指摘されていました。

スナップ社は2022年の収益成長率が予想より大きく下回っており、低成長の状態が翌年まで続くため2023年の計画を立てたとされています。

計画の内容は、3つの戦略的優先事項に重点を置いて事業を再構築するため、ゼンリーシステムから撤退するとされています。

では、ゼンリーのサービスが終了するのは何時からなのでしょうか。

ゼンリーシステムは使えるのかを調査したいと思います。

今回は「Zenlyサービス終了はいつから?いつまで使えるのかを調査!」と題してまとめていきます。

 

Zenlyサービス終了はいつから?

ゼンリーのサービス修了がいつなのかは公表されていません。

ゼンリーは9月1日のツイッターで「数か月後に提供を終了する」と発表しました。

また、すぐに利用に影響があるわけではない、とも伝えています。

ゼンリー利用者は終了日が不明なことに不安の声を上げています。

その中にゼンリーのサービス終了日は9月6日(火)以降に発表されるという投稿がありました。

新たな情報が公表されましたら、改めて掲載いたします。

 

Zenlyサービス終了でいつまで使える?

ゼンリーのサービスが使えるのはいつまでなのかという情報も今のところ不明です。

ゼンリーからの発表では、数か月後にサービスを終了する、とありました。

数か月後となっていますので、2か月~半年の間ではないかと思われますが、不明です。

SNS上でもサービス修了に対する不安や寂しいといった声が複数見受けられました。

実家の家族が来るときにわかる、と言った声や、友人がテーマパークに言った記録を見て、一緒にいった気分を味わえた、といったものもありました。

>>ゼンリーのサービス終了が本当なのかはこちらをチェック!

 

まとめ

今回は「Zenlyサービス終了はいつから?いつまで使えるのかを調査!」と題して、記事にまとめてきました。

位置情報共有アプリのZenly(ゼンリー)が事業終了を公表しました。

運営元の、アメリカにあるスナップ社が約20%の人員削減に伴い、サービスの終了を決定したためです。

スナップ社は2022年の収益成長率が予想より大きく下回っており、低成長の状態が良く年まで続くため2023年の計画を立て、そこからゼンリーの運用は削除されました。

ゼンリーのサービス終了がいつからかという具体的な日付は公表されていません。

また、サービスがいつまで使えるのかということも不明です。

ゼンリーは9月1日付のツイッターの投稿で、数か月後に終了すると発表しています。

そして、サービス終了日は9月6日以降に公表されるともありました。

詳しい情報が公表されましたら改めて掲載いたします。